WORKS

Interop Tokyo 2017 SCSKブース(9コマ)造作 企画・運営

SCSK株式会社 様

課題

新製品の利用例の紹介やデモを通じ、製品の認知向上を図りました。

解決策・提案

プロダクト(製品)押しのブースで展示(デモ)コーナー中心だが、ミニシアターからのスムーズな流れで全製品を見ることができるレイアウトづくりを心掛けました。また、目的を持った来場者・角度の高い来場者の集客、そして、取りこぼさないブース運営を意識して取り組んでおります。

ポイント・仕様

ミニシアターに人を集め、その人達を取りこぼさないような動線設計が狙い。ブース内を自然に進むと、全ての製品を一通り見て回れる展示レイアウトにしました。

P
梶原清明
CD
梶原清明
AD
宮本大護
WDR
新村智
CA
宮脇巧真
CREATIVE DESIGN
ブーズ造作・企画・運営
P
プロデューサー
CD
クリエイティブディレクター
AD
アートディレクター
WDR
ウェブディレクター
PH
フォトグラファー
C
コピーライター
COD
コーダー
D
デザイナー
I
イラストレーター
SYS
エンジニア
CA
カメラマン